読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外商部員59号の日記

フライトシマーの備忘録。都市開発、シミュレーションゲーム、コスプレがすきです。

航空朝日2605年5月1日号[最近の航空兵装][飛行艇の将来]["空の要塞"改装本部]

硫黄島の陥落と沖縄侵攻が始まった2605年4月であったが、戦意高揚と知識普及のため、相変わらず航空朝日は発行されていた。さて、5月號にはどういった話題が載っていたのだろうか精査していきたい。

f:id:gaishoubu59blog:20170322131021j:plain

冒頭グラビア。フィリピン島で編集長が撮影した写真が多数。なおこの後11月まで編集長は音信不通となる。

f:id:gaishoubu59blog:20170322131218j:plain

日米双方の最新型航空機。

f:id:gaishoubu59blog:20170322131254j:plain

「警戒するべき爆撃機:/7:硫黄島失陥により本土来襲間近しと予想されるB24の最新型J型」。あまりにも悲しすぎる一文である。

f:id:gaishoubu59blog:20170322131606j:plain

特集「最近の航空兵装」。第二次世界大戦のヒコーキの武器なんて、「戦闘機はマシンガンをジャンジャン撃って、地上にはロケット弾を発射して、爆撃機で爆弾をドーン!」 と思っていた人間であったがどうやらもっと別な取り組みが行われていたようである。「我が国にあっては航空兵力の劣勢をもってして敵を撃擢するために、特攻隊につぐ特攻隊を持ってし、爆撃機あるいは戦闘機に爆弾のみ抱えて敵艦船に尊き肉弾攻撃を行い、B29の本土空襲に際しても時には体当たり攻撃を持って壮烈なる戦闘が繰り返されつつある 」

f:id:gaishoubu59blog:20170322133344j:plain

 

外紙からの翻訳コラムでは、"飛行艇の将来"や"B17の強化計画"に関するエピソードが載っている。前者には「航空機による戦後の世界経済制覇を企画して、米英の間では早くも熾烈な前哨的論破が行われている」なんていう編集部コメントがついている。文章中には大変味のあるイラストも載っているが、転送容量に都合により一部を割愛させて頂く。

f:id:gaishoubu59blog:20170322133852j:plain

"飛行艇の将来"より。有望論と不要論の2つが紹介されている。

 

f:id:gaishoubu59blog:20170322134102j:plain

B-17強化計画の話。人口1万4千の典型的な農村であった「ワイオミング州シャイイン」に航空機改装工場が出来てから司令部が置かれ今や人口が4万人を超したという。

f:id:gaishoubu59blog:20170322133942j:plain

射撃管制システムや電装品を同盟国の仕様に変更したり、特殊地域に適した変更が行われている。本文中にはこうした改装は「大量生産方式とは極端に標準化された方法であり、特殊な戦闘や地域での運用や最新の変更を加えるためには改装本部を置くことで時間節約になる」ということである。また月60機を超すペースで稼働している工場にて働く従業員の息子/娘の中にはシャイインにて改装をしたB17に乗っている者もいるという。

f:id:gaishoubu59blog:20170322135653j:plain

巻末の最新海外航空機ニュース。空母ミッドウェーの進水、Tu-2型爆撃機の出現、10トン地震爆弾の実戦投入、ダグラス社の戦後計画 などが報じられている。

 

というか、IL-2の写真をPE-2と紹介しているぞ?

 

五月の雑誌はこの42ページで終わりである。いつもと変わらないぐらい濃い記事が続いたが、この本はなぜかページの大きさが統一されておらず、製本品質が非常に悪い。そして表紙と裏表紙が青インクで印刷されている。 なにがあったのだろうか・・ (つづく)

f:id:gaishoubu59blog:20170322140520j:plain

表紙。イラストはハシビロコウではない、クジャクだ。

科学朝日1945年10月1日号[わが秘匿兵器の覆面を剥ぐ][原子爆弾と未来の戦争][スピードへの本能]

まさかの終戦後ネタ。

どうやら敗戦と同時に多くの情報が民間に出回るようになったようである。

今回はそんな一冊を紹介する。

f:id:gaishoubu59blog:20170301133805j:plain

日本軍の秘匿兵器である。

戦時中、兵器に関しては性能はおろか名前すら隠すレベルであった我が国の防諜体制であったが、戦争が終わったらいきなりこんな記事が出るとは思わなかった。

f:id:gaishoubu59blog:20170301133745j:plain

さて、ここに日本軍の開発した科学新兵器たちを紹介する。

「フ號兵器」"気球爆弾"・・・亜成層圏の西風にのせ爆弾を気球とともに北米大陸へ飛行させるというもの。根室宮古、銚子から発射されたという。40ワット発電装置と破壊/焼夷爆弾を搭載し北米上空で自爆するというものだったとか。 

「ケ号兵器」"グライダー爆弾"・・・風任せではなく、自動的に目標へ突進する爆弾。放射線測定器をベースにした熱センサーを搭載し敵船舶へ打撃を与えるものだったという。「ケ」は決戦の意味であると推測されている。

「レ號兵器」"魚雷艇"・・・爆雷を搭載した一人乗りの小型艇。同時に大量に敵艦へ殺到し、急速反転することで水中爆発により大打撃を与えることを目的にしたと言われている。"対波性で劣る小型舟艇では積極的に機動できない" "上陸地点の変更が行われたら待ち伏せの意味がない" "上陸の以前に偵察がおこなわれ、準備爆撃に合えば一たまりもない" という散々な兵器であった。

「トク號兵器」"殺人光線"・・・極超短波を用いた兵器。距離30メートルにて10分かかりネズミ一匹を殺す程度の威力しかなかった。

「各種ロケット弾」・・・中型砲弾から対戦車ロケットまで多種多様なものが製造・配備された。当然ゆるやかに燃焼し、爆発せず、一斉にもえる性質をもった火薬も研究された。なお現地の部隊には離陸補助ロケットに爆薬をつけた即席ロケット弾を用いた部隊もあったらしい。

「さまざまな特攻兵器」・・・先の対戦車ロケットを補佐する対戦車兵器たち。"刺突爆雷"、”手投爆雷”、"円錐爆雷"、"半球型爆雷"、"手投げ火炎瓶"など多数が生産された。モンロー・ノイマン効果を利用し敵戦車の弱点に当て撃破することを目的としていたが、米軍が対策として随伴歩兵の強化や戦車に網を張ると効果がなくなり、却って損害が増大したという。

f:id:gaishoubu59blog:20170301140218j:plain

航空機について。

単座戦闘機「零戦」が奮戦したことを伝えるが攻撃の要である四発重爆の開発遅延が航空決戦の敗因と解説している。しかし、航空艤装の完成度が低いこと、材料の不足、設計の失敗についても言及している。

f:id:gaishoubu59blog:20170301140734j:plain

雷電」、「震電」、「銀河」、「連山」、「秋水」、「橘花」がイラストつきで紹介されている。

f:id:gaishoubu59blog:20170301141029j:plain

読み物「原子爆弾と未来の戦争」(ライフ誌からの翻訳)。どのような手段でも迎撃ができないV2號のようなロケット兵器、一撃で都市を爆砕できる原子爆弾がこれまでの軍事戦略を完全に変えてしまったことを「攻撃の窮極的な勝利」と表現している。一方で原子爆弾やロボット、ロケット兵器、長距離砲は人間が住み、また人間生活の根源たる土地を占領確保し、組織化することはできない」「都市は地下深くに建設されるか、分散しなければ原子エネルギーの集中的攻撃の下で生存することは不可能」と説いており、意外にもアメリカ側が弱気になっていたりする。もっとも、どこにも放射性物質がまき散らされるとは書いていないが。

「新生科学日本に寄せる」(日本再建へのコメント)と「海外時報」。悲しい話題が続いた一冊ではあったが、「無限にむかうスピードへの本能」においては「遊星の回転する大宇宙への旅行にはやがて新しい動力源が必要だろう。それは、この世紀の申し子、原子エネルギーであろう。」という未来を見据えたコメントが載っているのがせめてもの救いである。

f:id:gaishoubu59blog:20170301143728j:plain

10月号はこの30ページでおしまいである。ちなみに、11と12月号は合併版だったりする。

航空朝日2605年7月1日号[B29のレイダー][P47見聞の記][最近の海外航空事情]を読む

太平洋戦争(大東亜戦争)が終わる直前もしくは終結直後に出回った軍事雑誌が届いたので読んでみることにする。表紙イラストはリュウグウノツカイではなくホウボウである(指摘があるまで鴨だと思っていた)。創刊から約5年、発行は内地+満洲+台湾をカバーしているものの、全31ページというもはや同人誌のような薄さになってしまった軍事雑誌である。今回はなかでもインパクトのある写真を真っ先に持ってきました。

f:id:gaishoubu59blog:20170202135613j:plain

f:id:gaishoubu59blog:20170202135332j:plain

1面特集はB29のレイダー。電波兵器の出現により、航空機は時間や気象を問わずしてミッションを遂行することが可能となり「威力」はより一層増大してことを説いている。電波兵器と一口に言えども「警戒機」「標定機」「暗視機」「探索機」「友軍識別機」「電波妨害機」「誘導機」「航法用機材」など様々なものが実戦投入されているというのだ。「Radio Detection and Aircraft Ranging」(電探/レイダー)を搭載したB29が雲上や夜間を問わず爆撃をおこなう仕組みを解説している。地形や都市部、船舶が手に取るように硝子の円盤に表示される装置をわかりやすく説明している。

f:id:gaishoubu59blog:20170202135320j:plain

2面記事の「P47見聞の記」では45年2月に漢口で不時着した[P-47D サンダーボルト]の詳細な解説を載せている。「アメリカ陸軍戦闘機の三羽鳥ともいうべきP38、P47、P51の中の一つのP47が、こんな平凡な戦闘機であったというのが第一印象であったからである。」とのコメントと機動性を犠牲にしつつも防弾性や生産性を重視しているとの論調。主翼、エンジン、プロペラについて3ページに渡りレビューしている。ちなみにP-47は「パンツァーフロント」で執拗に爆撃してくるアイツです。

f:id:gaishoubu59blog:20170202135356j:plain

そのほか、外紙の翻訳記事には「大馬力発動機」「航空写真」「B29に協力する科学部隊」「部品の統一」「プロペラ修理の実情」「ロッキードの気圧/液圧装置」など思いのほか充実している。巻末連載コンテンツの最近の海外ニュースでは「世界一周旅客機」「過剰航空機を教材に」「ホーカー・タイフーン」などを報じている。写真では「新鋭艦上爆撃機「P47」「PBYコロネードー」「PBY5Aカタリナ」の写真が掲載されている。

f:id:gaishoubu59blog:20170202135416j:plain

さて、今回の本は195年7月1日号なのだが本文中において広告に不自然なもやがかかっている。おそらく、印刷の過程において差し止めが行われていたのかもしれない。「コンサートン受信機」の宣伝がなんだか可哀想になっている一方で「ヘモロス」と「ミナト式」は削られていないのが諸行無常を感じる。そして電球に関しては「ご家庭用は少なくなる」とは言ってないのだ。

f:id:gaishoubu59blog:20170202135428j:plain

f:id:gaishoubu59blog:20170202135446j:plain

当たらめて考え直してみると、この本の回覧欄に名前が書いてあることをみたことがないあたり、読者層がどういった人物なのか伺えるような気がしなくもない。

 

ガルパン x ココス のコラボについておもうこと(戦車の種類、すっきり又は視覚的どっきりネタあり)

あの大ヒット戦車まんが「ガールズアンドパンツァー」とココスがコラボするらしい。ブログ読者の諸兄におかれては、これを機に戦車について再学習しておくのも有意義であると思い、ここに第二次大戦にて活躍したチャーチル、クルセーダー甲/乙、ゼネラル・シャーマンおよび自走砲群の資料を提示する。(公式より引用,なお小生の住んでいる地区にココスがないという事情も汲んでいただければ幸いである)

f:id:gaishoubu59blog:20170113110054j:plain

こちらが問題の書である「科学朝日2604年6月号」だ。特集はポムポム砲の構造、ロケット新兵器、グラビア"陸軍鉄道部隊"、戦車と自走砲である。(全50ページ)

f:id:gaishoubu59blog:20170113110624j:plain

(本文要約)「戦車の設計上、重量および容積はまづ輸送船に積載される場合は起重機、船、鉄道、道路の関係より制約を受ける」という今日でも割と重要なことが書いてある。具体的には英軍は機動力を重視した巡航戦車[クルセーダー甲/乙]と歩兵支援のため装甲・武装強化を図った歩兵戦車[チャーチル]の概要を書いている。一方で合衆国では工業力にものを言わせ装甲、火砲、機動力の三要素を追求した[ジェネラル・シャーマン]型が主力として使われているとのことである。このほか、重量60トン、装甲240ミリを持つ[M1重戦車]を宣伝しているが重量の多い戦車は不都合が多く、"何所で使用する積もりかといいたい"と言われている。一方で「大陸続きの戦線なら船に積む必要はない。道路/橋脚の強化と接地長を大にすることで重量の増加が許される傾向にある」との指摘をしている。これにより日本の戦車がなぜコンパクトなものが多いかお分かり頂けるのではないだろうか。独虎戦車が潜水渡河を可能とし、米軍が渡河機材を用いていることも言及しており、またこれらの傾向から今後は50~60トンクラスの戦車が主流になるとの予測まで書いている。

f:id:gaishoubu59blog:20170113112151j:plain

戦車に随伴する自走砲群。生産と補給を簡易化するために共通の部品を用いていることを指摘している。なお、自走砲と砲戦車の区別は議論されているが、砲塔を自由に回転させることができるものが砲戦車、そうでないものが自走砲と定義されている。しかし、実際には判然していないとか。(これが今日のミソとなるネタだとおもいます)

装甲師団の支援砲兵用としてM10砲戦車、M7自走砲、M12自走砲の三種類があげられていた。それにしてもこの4ページで機動力を有する加農砲の優位性、および戦争遂行のための工業基盤の必要性を説いており、皇軍の事情を考えるといささか不安になってしまう。

以下、その他のページの解説をおこなう。表紙↓

f:id:gaishoubu59blog:20170113113742j:plain

英国の対空砲「ポムポム砲」解説。

f:id:gaishoubu59blog:20170113113829j:plain

グラビア欄。日本軍鉄道部隊。

f:id:gaishoubu59blog:20170113113902j:plain

科学者x当局の一問一答コーナー「工夫の余地はないか」。今回は防空待避所の検討。下の写真が竪穴式住居にしか見えないが、どうやら底が深くなっているらしい。

f:id:gaishoubu59blog:20170113113947j:plain

英米軍の貨物船改造空母について。

f:id:gaishoubu59blog:20170113114102j:plain

海外ニュース欄。イタリア戦線にて人間魚雷投入(搭乗員が魚雷からどのようにして離脱するかは不明)、遠距離操縦式豆戦車の登場、スツーカに37mm砲搭載とのこと。

f:id:gaishoubu59blog:20170113114216j:plain

巻末広告欄。富士ネオパンと東芝東洋紡スポンヂ。(以下ドッキリネタかもしれません)

f:id:gaishoubu59blog:20170113114407j:plain

裏表紙も東芝マツダランプ。航空機、灯火管制のイラストと

光を漏らすな!

f:id:gaishoubu59blog:20170113114645j:plain

正直、この色使いはビックリする。(届いたときの茶封筒を開けてこれだったので猶更おどろいた)

「二割節して明るい」がこれになり、その後「真夏の夜の太陽」「あかるいおうちはマツダランプ」(第23回 毎日広告デザイン賞)になるのだから世の中何が起こるか分からないのも頷ける。

さて、読者諸氏におかれては戦車の能力もまた国家の工業力が大きく反映される点を深く噛みしめながらココスの食事を食べていただきたい次第である。

科学朝日2604年12月15日号[覆面を脱いだ皇軍新鋭機][敵戦車変わり種][上陸作戦に大"人工港湾"][ロケット對ロケット]を読む

遅ればせながら新年おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:gaishoubu59blog:20170109174655j:plain

航空朝日が航空機に関するニュースを中心に扱う傍ら、姉妹紙の科学朝日が国防または全般の科学事象を扱っており、特に戦闘車両の諸設計や技術・兵器全般の話題ならこっちを見たほうがいいと思い[敵戦車変わり種]につられてとりあえず手に入れてみた。科学朝日は月刊誌であったが[報道と解説]シリーズになってからは戦時決戦下の時局を鑑みて30ページという薄さであるもののどうやら月に二回刊行されているようである。

f:id:gaishoubu59blog:20170109174711j:plain

表紙はイギリス軍特殊部隊とドイツ軍戦車、そして航空母艦である。巻頭グラビアは雷電」「彗星」「銀河」「呑龍」が日本各地に襲来するであろうB29撃滅のために投入されることを報じている。これまで日本軍機は名前すらまともに出てこなかった訳であるが(特に海軍機)、本項は「飛行機増産の一途に挺身戦闘される銃後諸氏への激励の言葉にかえたい」とのことである。

f:id:gaishoubu59blog:20170109174731j:plain

続いて「敵戦車変わり種」。ノーマンディ戦線(原文ママ)で運用されているイギリス軍地雷除去戦車についての記事であった。「かに」「さそり」と呼ばれる装備を後部に搭載している。タイトル的にISシリーズ(ソ連)やT29(米国)あたりを紹介してほしかったが致し方あるまい。翻訳者のセンスが思いっきり出ている気がする。

f:id:gaishoubu59blog:20170109174805j:plain

海外時報欄ではトップ画像にロンドンへ着弾するV1ミサイルと「土木」にノルマンディ戦線において運用された"人工港湾"が真っ先に書かれている。「反数軸軍が北沸港湾を占領するのに先立ち、港湾施設のない海岸に兵員揚陸の施設を出来る限り急速に施すための諸材料」が紹介されており、わずか2,3週間にてドーヴァー港と同じくらいの大きさを持った港が北沸二か所に完成されたと報じている。なおソースは朝日新聞社ソ連軍機関紙「赤色艦隊」より転載したものとか。

f:id:gaishoubu59blog:20170109174832j:plain

そのほか「カポック代用品の登場(救命胴衣の材料になる木材)」「成層圏を征くV2号」「Uボート生産中止」「殊勲の戦車拳骨」「B29を大規模輸送機に-複葉にして航続距離6000キロ-」などが紹介されている。一方で国内ニュースでは「食糧保存に電気」「防空都市の実現へ」「ヂーゼル機関の欠点改良へ」(内燃機関の固体燃料使用)といった話題が並んでおり戦局の悪化と本土すらも危うい気すら漂わせている。(本土決戦をするためには食料を備蓄し、セメントと土砂を運搬して強固な防空地下施設を建設し、大型送風ファンを回さねばなるまいという深読み)

大型コラムには「ジュラルミン金属の研究」と「生産過剰に悩むアルミニウム工業(米国)」、「落下傘に関する新考案」「超大型鉱石運搬車」が載っている。超大型運搬車は最大28トンまで貨物を搭載でき、20トンを搭載して箱根の山を登り切る性能を有しているとのことである。

f:id:gaishoubu59blog:20170109174925j:plain

巻末コラムの「ロケット對ロケット」と称して、V1巡航ミサイルを撃墜するためにイギリス軍が配備している対空ロケット弾の画像が載っている。一口に噴流により推進する無人飛行弾といえども"無電操縦式ロケット爆弾""流星爆弾"では全く原理がことなり、迎撃する側も様々な対策に追われていることを説いている。その他、紙面下部には「人間魚雷の搭乗員」「米の航空機風洞」「地蜂の箱」(ハーフトラックに乗せられる四連装高射機関銃)が紹介されている。

f:id:gaishoubu59blog:20170109175039j:plain

本号も暗に日本政府の無策を批判しつつ、英米にすり寄るような内容を載せた一冊であった。とはいえ戦車の本を買ったら皇軍戦闘機と流星爆弾、そしてノルマンジー上陸作戦の話題が手に入り満足することができた。戦時下において「プライベート・ライアン」や「Call of Duty」、そして「Medal of Honor」が壮絶な銃撃戦を描いているといわれている一方で、きちんとそのあとの事象を報道している点は特筆に値すると思う。

 

裏表紙宣伝は三和銀行東芝。「吉田○○」という鉛筆による書き込みがされている。(吉田戦車ではないはずだ) 注視してみると、コラージュ模様がプリントされており「航空朝日」に比べて芸が細かい気がした。1944年の〆としてはイマイチなボリュームである気もするが、何だかんだで重要な出来事科学目線で復習できるできるあたり貴重な一冊である。改めて非常体制下こういった"薄い本"を後世に残した先人の労苦には頭が下がる。

 

航空朝日 2604年11月1日号「ロケットの話」(秋水ネタもあるよ)を読む

ロケットといえば、現代の日本語では宇宙旅行をするための乗り物(アポロ宇宙船やソユーズ、またH2Aといった無人機も含む)や無誘導の砲兵器という風潮である。しかしながら、1940年代の意味では噴流推進で動く乗り物全般を指していたらしい。以下、ここに1944年11月にでた軍事雑誌のロケット機特集を読んでみることにする。

f:id:gaishoubu59blog:20161224152629j:plain

表紙裏グラビア。日本+枢軸+反枢軸軍機の画像が多数。

f:id:gaishoubu59blog:20161224152747j:plain

今回の肝となるロケット機の話。外誌の翻訳ではなく、日本人によって書かれている。

さて、本文には本来のロケットを月世界旅行や宇宙探検の乗り物として話に現れてくる、液体酸素と液体水素を燃やして噴出させ飛ぼうとするものであり、燃焼に必要なもの一切合切を持って歩く」ときちんと定義している。しかし、「空気を取り入れ、これにガソリンなどの燃料を入れて燃焼させ、後方に噴出してその反動で推進せんとすもの」ときちんとジェット機についても違いを解説している。

本章はこうした科学燃料ロケットと、熱空気推進・タービンロケットの双方について図と文章で解説しており非常にためになる(と思う)

f:id:gaishoubu59blog:20161224153427j:plain

「甲乙二つの燃料液をもっていき、これを混合すれば化学反応を起こして発熱し適度な温度になるようにすればよい。」って秋水のことを指しているような気がしなくもない。

f:id:gaishoubu59blog:20161224153938j:plain

タービン・ロケット機のイラスト。本項では基礎理論や構造に加えて「熱空気推進装置は装置全体の抵抗が機体の抵抗の大半を占め、しかも機体抵抗の大なるが故の速度低下は直ちに装置の性能低下となり、ちょっとの原因で加速度的に飛行機の性能が落ちる」とイタリア カンピーニ戦闘機のことをボロクソに書いている。

ちなみに燃焼温度を上げることでエンジン効率を改善できるので高温にも耐えられるタービンが必要なことも言及していたりするのが面白い。 

f:id:gaishoubu59blog:20161224154525j:plain

そして、〆となるロケット機のパワーポイント的分類図。タービンロケット機の時代は確かにきたが、未舗装の滑走路/誘導路では埃をすってえらいことになるなんてことは書かれていない(ミグ29はごみを吸わないように工夫がしている) 笑

 

f:id:gaishoubu59blog:20161224154917j:plain

その他の記事、アメリカ初のジェット機の話

f:id:gaishoubu59blog:20161224155009j:plain

そして英米空母の話。この本が書かれていたのはちょうどレイテ・フィリピンの戦いのころである。エセックス型11隻、ロングアイランド型50隻、インデイペンデンス型9隻以上がロールアウトしたことが記されている。だが、護衛空母に関しては詳細な性能はもとい艦名すらも分からないと書いてある。

なお、巻末の海外飛行機ニュースではB29の生産進捗やB24の解説が載っている一方でハインケルHe111Zが運用されていることが載っている。なお海外では「アーヘン」陥落、「ベオグラード」が占領され、日本では新聞朝刊が2ページとなっていたころらしい。

f:id:gaishoubu59blog:20161224155900j:plain

それにしても、今回は「カンピーニ」「カムピーニ」で表記ゆれが起きていたりしていたが、硬派で技術志向な記事が並んだ一冊であった。さて、ブログ読者の方々におかれてはボウイング・ジャンボジェットやMD会社・F-15J "イーグル"を「噴流推進機」「ロケット要撃機」などと呼んでお友達からドン引きされても主筆はその責を負いかねるものとする。

科学朝日 2604年8月1日号「戰車の電氣裝備」(電気戦車の登場)を読む

ガールズアンドパンツァーやWorld of Tanks、そして日本戦車が実装されたWarThunderに便乗し、太平洋戦争中の資料より戦車の諸設計について書かれた"科学朝日2604年8月号「戰車の電氣裝備」"を紹介する。なお詳しくは割愛するが「ガールズアンドパンツァー」とは、大洗町を舞台に女子高生が第二次大戦の戦車に乗って戦うをするスポ魂アニメであり、TVシリーズ、OVA、そして劇場版が公開されている。

www.youtube.com

この本の当該記事は日本陸軍の中尉によって書かれたものであり、英米ソ独の誇る戦車の設計と今後の技術の在り方について触れている。記事にはき米"シャーマン将軍"、英"チャーチル"、ソ連"T三四"、ドイツ"虎" "フエルヂナント"など今日でもよく知られている戦車のイラストと内部図が載っている。戦車がより強大化していく一方で、搭載する電装品も重要な使命を帯びており、エンジンスターターから砲塔モーター、計器類、車内電話、通信機をはじめとして冷暖房やジャイロコンパス、スタビライザー(安定装置)等がすでに必須品であることを力説している。

f:id:gaishoubu59blog:20161223102901j:plain

また、将来的には「ノクトヴィジョン」「ヴラウン管」「レーダー」を搭載することで昼夜を問わず高い戦闘力を発揮しうる車両が登場すると同時に、搭乗員は装置に対する知識取得も必要 という未来予測まで書いてあった。(そしてそれは現実となる)ちなみに彼いわくそういった将来の戦車は「電気戦車」とすら呼べるものであるらしい。

f:id:gaishoubu59blog:20161223102925j:plain

なお、例にもよって「日本の戦車が他国より遅れている」や「日本が技術で負けてしまう」とはどこにも書いていないのは当局の意向を反映しているといえよう。別のページには、九州に墜落したB29の話が載っていたりするし、この本が世に出たころにはグアムで日本守備隊が玉砕したころでもある。

f:id:gaishoubu59blog:20161223102948j:plain

f:id:gaishoubu59blog:20161223103037j:plain

f:id:gaishoubu59blog:20161223103110j:plain

こういった真面目な歴史的書籍を、好きな映画やゲームの布教ないし攻略ツールとして使える時局に感謝しなくてはならない・・・かもしれない。