読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外商部員59号の日記

フライトシマーの備忘録。都市開発、シミュレーションゲーム、コスプレがすきです。

レンドリース協定とM3軽戦車について

携帯電話用の戦車対戦ゲーム、WoT Blitzがサービスを開始してからちょうど1年を迎えたそうである。どうやらそれを記念して"M3 軽戦車"の支給キャンペーンが行われたようだ。

 で、M3って何だよと思ったわけである。村上龍の本で排気ガスやら機関砲で日本軍を苦しめたアイツこと[ブラッドレー騎兵戦闘車]かな~程度の知識しかなかったので、困ったときの助け舟ことwikipediaを観た。

M3軽戦車 - Wikipedia

f:id:gaishoubu59blog:20150627110504j:plain

ためしにSteel Furyで乗ってみたところ。乗員の制服が英軍のものである。

ウン、かわいい。吹いたら飛んで行きそうな雰囲気だ。これぞまさにやわらか戦車。笑

f:id:gaishoubu59blog:20150627111034p:plain

どうやら戦時下における連合国同士での協定に伴って英仏ソに供与されたようだ。また、南方戦線では日米英間での戦闘に投入されたという。。史実でもゲーム内でも攻撃力と防御力は絶望的に低く、機動性を生かした偵察が主任務となっているみたいだ。

まとめ: 取るに足らない戦闘能力しか持たないような兵器でも、意外な歴史や国家間の関係が関わっていることもあるのだ。やはり、幅広い興味関心や探究心を持って生活するというのは大事である。という事に気付かされた。

なお、支給キャンペーンは07月02日の昼ごろまでやっているらしい。これを機に、戦車道生活を始めてはどうだろうか。